白内障の予防について

白内障の予防について
日頃から予防を心がけることにより、白内障のリスクを抑えることが期待できます。予防=健康的な生活を送ること、といっても過言ではありません。規則正しい生活と、適度な運動を続けることはとても大切です。
しかしながらほとんどの老人が罹病される老人性白内障については、効果ある予防法はないというのが実情でした。【白内障の治療方法】で紹介した白内障治療に効果的な「非加水分解カルノシン目薬」は治療だけでなく予防効果も大きいとされています。早めにこの目薬を使用することにより、誰もがかかると言われている老人性白内障を避けたいものです。

非加水分解カルノシン目薬による予防

白内障治療に効果的な「非加水分解カルノシン目薬」は、白内障予防についても顕著な効果を現すようです。
白内障は加齢に伴いほとんどどの人に発生する病気です。男女を問わず、60歳を過ぎた方には、「非加水分解カルノシン目薬」による予防点眼がお勧めです。
詳細は「非加水分解カルノシン点眼薬による治療」をご覧ください。

現在、非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
下記キーワードで検索をしてみてください。
非加水分解カルノシンGoogle検索結果
非加水分解カルノシンYahoo検索結果

サングラスで眼に入る紫外線をカット

太陽の紫外線は、細胞の酸化を促進しているといわれています。 サングラスを掛けて、目に見えない紫外線から大事な目を守りましょう。 紫外線は、サングラスと顔のすき間からも入り込んでくるため、レンズが大きめで顔に密着しているものが良いとされています。色が濃いと瞳孔が開きやすくなり、わずかな紫外線も入り込みやすくなるため、色は薄めで紫外線がカットされているのがいいようです。

ビタミンCの摂取

厚生労働省研究班の発表によれば、ビタミン C の摂取量が多い人々は、老人性白内障の発症リスクが約 4 割低下することがわかりました。すでに、欧米の研究で、食事からの抗酸化栄養素、特にビタミン C の摂取によって、加齢に関連する視力障害、老人性白内障の発症を予防することが多く報告されています。 ビタミンB2・C・Eといった酸化還元物質は、加齢による老化とともに消化吸収力が落ちるため、体内において不足しやすい栄養素です。これらのビタミンB2・C・Eを食事やサプリメントなどで摂取することで、ある程度の活性酸素の発生を抑えることができます。
男性の場合
1 日のビタミン C の摂取量が最も多い (平均 211 ミリグラム)グループの人々は、最も少ない (平均 52 ミリグラム ) 人々と比べて、35 パーセント低くく、白内障で手術を受けるリスクは 30 パーセント低いことがわかりました。
女性の場合
摂取量が最も多い(平均 258 ミリグラム ) のグループの人々は、最も少ないグループ(平均 75 ミリグラム )と比べて、発症リスクが 41 パーセント、手術リスクも 36 パーセント低くくなるという結果が出ました。
白内障手術医院全国検索