レーシックで老眼治療

レーシックで老眼治療
従来のレーシックでは、老眼治療をすることは難しいとされてきました。
老眼治療は、水晶体のピントを調節する機能が低下してあらわれるものであり、近視を矯正
するレーシックでは物理的に治療できないからです。
しかし近年では、レーシックで老眼治療ができるようになりました。



老眼(老視)矯正レーシックとは?

老眼(老視)矯正レーシックとは?
老眼(老視)矯正レーシックは通常のレーシック手術と同じ治療になります。
近視や遠視、乱視、老眼の治療を行うことがっできる画期的な手術方法です。
レーシックと同様に、角膜が薄い方などは、受けられませんが、CKより適用可能な人が多いとされており、注目されています。

老眼(老視)矯正レーシックの手術方法

老眼(老視)矯正レーシックの手術方法
@フェムトセカンドレーザーを目に照射してフラップを作成します。
Aエキシマレーザーで角膜の中心とその周辺部の切除する範囲を変えて、遠近両用コンタクト
のように矯正していきます。
B点眼をして終了。
ここまで、10分程度で行うことができます。

老眼(老視)矯正レーシックのメリット・デメリット

老眼(老視)矯正レーシックのメリット・デメリット
メリット
・裸眼でものを見ることができる
・その日から効果を実感できる

デメリット
・保険が適応されないため費用が高額
・施術している病院がほとんどないのでクリニックが限られる


老眼レーシックの適応検査が受けられるクリニックはこちら!

老眼レーシックの適応検査が受けられるクリニックはこちら!
クリニック名 品川近視クリニック SBC新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック
クリニック
検査費用 適応検査無料 適応検査無料 適応検査無料
対応地域 札幌・名古屋・東京・梅田・福岡 新宿・銀座・横浜・梅田 札幌・新宿・名古屋・梅田・
神戸三宮・福岡(小倉・天神)
特典 紹介割引
遠方割引など
紹介割引
遠方割引など
紹介割引
遠方割引など
検査クリニック
紹介

目薬による治療

目薬による治療
老眼の手術はちょっと抵抗がある…、
手術するまでではないけれども目のかすみなどが気になる…、
そんな方には、白内障の予防点眼にもなる、非加水分解カルノシン点眼薬による治療を お勧めいたします。

現在、非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
下記キーワードで検索をしてみてください。

非加水分解カルノシンGoogle検索結果
非加水分解カルノシンYahoo検索結果
白内障手術医院全国検索