犬の目の特徴

犬の目の特徴
犬の目は近視
犬は一般的に近くの方が良く見える近視であるといわれており、近くのものを見るには、人間が見る距離の10分の1くらいに近寄らないと見えないそうです。従い、10メートル以上離れれると、飼い主の顔も判別できなくなるようです。犬が興味をもって何かを見ている様子を思い起こすと、良くお分かりかと思います。鼻づらがくっつくまで、近づいて見ていますよね。
ただしボルゾイなど、視覚獣猟犬(サイト・ハウンド)と呼ばれる犬種は、近視ではなく正視眼をもっているといわれています。
動体視力
犬は近視でありながら、動きのあるものを見る動体視力に優れ、動くものには敏感に反応します。牧羊犬などは1キロも先にいる羊飼いの手の合図もわかるといわれています。
犬の目の識別能力
犬の目の最も重要な機能は、どんな小さな動きでもそれを敏感にとらえて注目することであり、色を識別する能力はそれほど必要とされなかったと考えられています。その証拠に、人間の視神経は約120万本ありますが、犬の視神経はその15%程度しかありません。視覚が犬にとってそれほど重要では無いことの証拠と考えられています。犬にとっては視覚より、嗅覚の方が生きる上で重要だったのでしょう。
犬の目の視野
今までは白黒しか判別できない、というのが通説でしたが、最近の研究により、紫・青・黄色の三色は見分けられるということが分かってきました。また、赤色は認識できないようです。従い、人間の見る景色と、犬が見る景色とでは、大きな違いがあると思われます。
犬の目は暗いところでもよく見える
犬は瞳孔を大きく広げて、多くの光を取り込む能力が人間の10倍近くあると言われており、暗いところでも良く見えるようです。
現在、犬用非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
「犬用 非加水分解カルノシン」の単語で検索をしてみてください。
犬用 非加水分解カルノシンGoogle検索結果
犬用 非加水分解カルノシンYahoo検索結果