白内障の症状について

白内障の症状について
年をとるにつれて視野がかすんだり、まぶしかったり、屈折の変化等により、見えづらくなる症状が出てくる場合があります。これが白内障の症状です。60歳代で70%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障の症状がみられます。
そもそも白内障とはどのような病気なのでしょう。
ここでは白内障と白内障などについて考えてみたいと思います。
白内障とは | 白内障の症状 | 白内障とレーシックの関係

白内障とは

目は様々な器官がその役割を果たすことで”ものが見える”状態を作り出しています。
その中に水晶体という器官があり、水晶体は外界からの光を網膜に焦点が合うよう集光させること(屈折)、膨らんで近くに焦点を合わせること(調節)、および網膜にとって有害な紫外線を吸収する働きを有しています。
白内障とはこの眼のレンズの役割を果たしている水晶体が傷つき、白く濁ってしまい、ものがぼやけて見えたり、かすんで見えたりするような症状全般のことをいいます。

白内障には糖尿病性、アトピー性、若年性といろいろな種類がありますが、ここでは白内障の90%を占める老化による白内障の仕組みをご説明しましょう。

<老化による白内障の仕組み>
水晶体は若い時期は透明で柔軟ですが、年を重ねるごとに、老化によって強力な酸化防止剤カルノシンの生成機能が減退していきます。酸化防止剤の不足によって酸化を防ぐことができない水晶体のタンパク質が傷つき年齢とともに硬く、厚みを増し、混濁していきます。

白内障とは

発症して2〜3年で不具合を感じる人もいれば20〜30年経ってもほとんど進行しない人もいるように、白内障の症状は人により進行速度が異なります。初期段階で発見するためには、自分の見え方の質に変化がないかどうかに気を配り、定期的な眼科検診を行うようにするといいでしょう。 また予防には抗酸化作用のあるビタミンEを含んだ食品を採ったり、老化によって減退していくカルノシンを補う「非加水分解カルノシン」含有の目薬が有用であると言われています。
詳細は「非加水分解カルノシン点眼薬による治療」をご覧ください。

現在、非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
下記キーワードで検索をしてみてください。
非加水分解カルノシンGoogle検索結果
非加水分解カルノシンYahoo検索結果

白内障の症状

上記のように水晶体が濁ってしまうと白内障になるわけですが、白内障の症状にはどのようなものがあるのでしょう。一般的な症状は以下のとおりです。
かすんで見える
白内障は水晶体の濁りが原因と説明しましたが、この濁りが水晶体の中心部にまで及ぶと、かすんできます。また濁りの度合いが強くなると、かすみもそれに比例して強くなり、
次第にものが見えなくなってきてしまいます。
まぶしく感じる
水晶体が濁ると、光や明かりが濁りの部分で反射してしまうため、屋外の明るいところや逆光のときなど、まぶしく見えます。水晶体の濁りが中心部にあると、特にまぶしさを強く感じます。
暗いと見えにくくなる
水晶体は高齢になると黄色くなっていきます。水晶体の濁りがこれに加わると、
暗いところでものが見えにくくなります。
像が重なって見える
水晶体の濁り方によってですが、像が二重・三重に重なって見えてしまうことがあります。
白内障とレーシックの関係
レーシック施術を行うクリニックで白内障治療を行うところが多い理由には、両者の間に以下のような関係があるからです。

レーシック手術は誰でも受けられるわけではありません。
エキシマレーザーを使用するレーシックなどの視力回復手術は、角膜にレーザーを照射し、そのカーブを調整することで近視や乱視を治します。そのため、角膜の強度を保つためには治療できる近視の度数に限界があり、度数に対して角膜が薄い方は、手術そのものが行えないことになります。

一方白内障は、目の中の水晶体という部分が白く濁ってきてものが見えなくなる病気で、最も多いのは、加齢によって水晶体が濁る老人性白内障です。白内障の症状が進行した場合、治療法として水晶体を取り除くことになります。その際、白内障の手術では白く濁った水晶体を取り出し、
その代わりに人口のレンズを入れるのです。

角膜が薄くて白内障手術が受けられない方等に行われる視力矯正手術に、フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)と呼ばれる療法があります。
フェイキックIOLでは、白内障手術の時に用いられる技術を利用して、水晶体を残したまま近視や乱視を治すための眼内レンズを挿入するのです。

両者にそういう関係があるので、白内障手術を行うクリニックで白内障の治療も行われるところが多いいです。
ただし上記のように、その白内障手術を行っている医院、クリニックが、フェイキックIOL治療を行って いればの話です。白内障の場合、レーシック手術は受けることはできません。その点、混同なさいませんように。
白内障手術医院全国検索