白内障の治療方法

白内障の治療方法
白内障の進行には個人差があり、2、3年で視力が0.01まで下がってしまう人もいれば、 長期間ほとんど進行しないケースもあります。手術をするだけでが最善では有りません。
ここでは、白内障の治療方法をご紹介いたします。

目薬による治療

<非加水分解カルノシン含有目薬>
2010年9月に、米国で「非加水分解カルノシン酸」を含有する目薬が白内障に対する有用である」、という画期的な特許が承認されました。
従来の目薬との決定的な違いは、非加水分解カルノシンは点眼により体内に入ると、天然由来の酸化防止剤カルノシンに変わり、酸化を抑制、改善に向かわせることに有用であるとEU、米国において認められている点でしょう。

●非加水分解カルノシン製剤
目的)老化などにより減退する酸化防止剤カルノシンの不足を非加水分解カルノシンを点眼し補い、白内障の酸化をゆるやかな状態に促します。

すでに目薬として製品化されEUや東南アジアでは5年以上流通し、愛用されています。
詳細は「非加水分解カルノシン点眼薬による治療」をご覧ください。

現在、非加水分解カルノシン点眼薬は商品化され、インターネットを通じて入手することができます。
下記キーワードで検索をしてみてください。

非加水分解カルノシンGoogle検索結果
非加水分解カルノシンYahoo検索結果

<従来の目薬>
目薬療法の目的は、水晶体のにごり(白濁)の予防と進行を遅らせることにありましたが、効果が正式に認められているわけではありませんでした。
代表的な2つの製剤をご紹介します。

 ●ピノレキシン製剤
  目的)水晶体のタンパク質が変性することを妨げる。
  薬品名:カタリン、カリーユニなど

 ●グルタチオン製剤
  目的)白内障が進行すると減少するグルタチオン量を補い水晶体のにごりを防ぐ。
  薬品名)タチオン、イノチオンなど

白内障の手術

濁った水晶体を透明な状態に戻すための治療は、手術が一般的です。
白内障手術は外科手術の中では比較的安全な手術と言われています。
また、日帰り手術も可能で、単焦点眼内レンズの場合は手術費用にも保険が適用されるので、経済的な負担が少なくなってきています。ここ最近は「見えやすさ」や「アフターケア」などの質を重要視する方が増えており、高額でも保険が適用されない、多焦点眼内レンズによる白内障手術を希望する方も少なくありません。

多焦点眼内レンズによる白内障の手術を受けられるクリニックはこちら!
クリニック名 品川近視クリニック SBC新宿近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック
クリニック
検査費用 適応検査無料 適応検査無料 適応検査無料
対応地域 札幌・名古屋・東京・梅田・福岡 新宿・銀座・横浜・梅田 札幌・新宿・名古屋・梅田・
神戸三宮・福岡(小倉・天神)
白内障手術費用 54.6万円 ―(老眼治療のみ) 60万円
保障 3年
アフターケア 定期検診無料
1回目の再矯正が無料
定期検診無料
追加費用0円
紹介状作成0円
定期検診無料
合併症治療対応が無料
夜間相談窓口
定期検診事前メール通知
特典 紹介割引
遠方割引など
紹介割引
遠方割引など
紹介割引
遠方割引など
検査クリニック
紹介

一方、手術自体を恐れる方も多く、そのうえ、手術前後の通院(両目の場合、10日間程度必要)が日常生活の負担になることもあり、他の方法を探られる方も多いのが実態です。
まずは、自分の眼の状態を検査し、それから白内障手術を行うか、白内障手術までの決断がつかない方は、非加水分解カルノシン点眼薬による治療を試してみてはいかがでしょうか。
白内障手術医院全国検索